科学コミュニケーション研修連携先の一般社団法人社会対話技術研究所(Social DiSk)は、2016年3月13日(日)15:00からグランフロント大阪にて、設立1周年記念シンポジウム「科学者と社会との対話を通してみえてきた対話スキルや社会ニーズ」を開催します。

社会対話技術研究所は、京大WPI-iCeMSを中心に研究開発され、JST 科学コミュニケーションセンターにて普及展開支援を受けてきた、科学者向けの「対話力トレーニングプログラム」( http://www.jst.go.jp/csc/workshop/workshop.html )や、科学技術イノベーション政策のための科学の一環として研究開発されてきた、市民意見を政策形成に活かすための「対話型パブリックコメント」という仕組み( http://www.pesti.jp/ )などの事業を通して研究成果を社会に還元していく非営利型の一般社団法人です。

当日はこのような事業の紹介とともに、科学者と社会との対話を通してみえてきた対話スキルや社会ニーズについて議論を深める予定です。

詳細は、下記サイトをご覧ください。

一般社団法人社会対話技術研究所 設立1周年記念シンポジウム「科学者と社会との対話を通してみえてきた対話スキルや社会ニーズ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です