第213回知的財産マネジメント研究会(Smips)

第213回知的財産マネジメント研究会(Smips)
日時:2020年9月12日(土)15:00-16:30(予定) オンライン開催 参加費:無料

※今回は、オンライン(Zoom)での開催です。会場に集まる形式ではありません。

 
<プログラム>
15:00-16:30 全体セッション
テーマ:テキストマイニング×AIによる特許文書分析と新たな技術戦略の切り口
講師 野守 耕爾 様(株式会社アナリティスクデザインラボ 代表取締役)
※特許戦略工学分科会による企画です。
 
講演概要:
特許の文章情報を対象に分析する手法として、文章に含まれる単語を抽出して全体の記述傾向を把握するテキストマイニング技術が知られていますが、テキストマイニングを適用する従来の特許分析では、単語間のつながりをネットワークで可視化したり、単語の位置関係をマップで可視化するなど、「単語」をベースに特徴を可視化して考察します。
しかし、対象がビッグデータになると従来の特許分析では膨大な単語で溢れた複雑な結果を解釈しなければいけません。そこでトピックモデルと呼ばれるAI技術を応用して特許文書をいくつかのトピックに機械的に類型化し、その「トピック」をベースに分析を進めることで、膨大な特許情報に潜む特徴を分かりやすく可視化することができます。
本講演では、テキストマイニングにトピックモデルのPLSAやベイジアンネットワークという複数のAI技術を応用して開発した新しいテキスト分析技術(Nomolytics)と、それを2つの特許文書データ(風・空気に関する30,039件の特許と電気自動車に関する26,419件の特許)の要約文に適用した分析事例をご紹介し、分析に基づいた技術戦略検討の考え方を解説します。
 
参加無料、途中入退室自由です。
参加登録は8月中旬ごろから、登録フォームにより受付開始の予定です。