2020年1月19日(日)、港区のSHIBAURA HOUSEを会場に、発明・発見教室「生きものから学ぼう!」を実施し、未就学児童および小学生とその保護者 計約40名が参加されました。

今回は、講師として大渕 希郷(おおぶち まさと、科学コミュニケーター)さんを招き、生きものの不思議な生態について教えてもらいながら、工作ワークショップを通じて、自然から不思議を見つけて、それを人間の役に立つ・生活を便利にしてくれるモノづくりに活かす取り組み「バイオミメティクス」について、参加者に知ってもらいました。また、クイズを通じて、生きものの特徴を活かした新幹線の形や部品、日用品、住宅の外壁材などの発明を紹介しました。
さらに工作ワークショップでは、グライダー型の種を遠くまで飛ばすことができる植物「アルソミトラ」を紹介し、これをまねた紙製のグライダーを、一人ひとりが作りました。

これらを通じて、さまざまな生きものを観察し、それを便利な道具にするための試行錯誤や発明の素晴らしさを実感してもらいました。

※この活動は、「子どもゆめ基金」の助成を受けて実施されました。